不眠にならないのはどんな人か

なぜ楽天家は不眠で悩まないのか

私は生来楽天家なので、現在は将来についての不安からの不眠症に陥ることはもうなくなりました。ですが、若い頃は深刻に悩んでいて精神的にきつかったことも現実にありました。現在の安眠に対する手段の一つは適量の飲酒が手っ取り早く、かつ効果的だと思います。飲酒に関しては様々な考え方と体質的に合わない片も居られるので単純にはお薦めできないのが残念ですが、私はいわゆるいける口なので、愛用しています。酒に強い体質は良いことばかりではありませんが、少なくとも二日酔いという不快な結果になったことはなく、その点は感謝しています。そして前にも書きましたが、くよくよ考えても良い結果に繋がることは無いのだいう気分の切り替えが安眠という結果を導くということですね。

無責任だいう気もしなくはありませんが、選択肢がそうは無い以上、これも効果的だということです。高価な寝具や夜着も重要な要素ではあるでしょうけれど、永年の煎餅布団でも工夫次第ではかなり快適に過ごすことが出来るのです。その一番はやはり天日に晒すこと。湿気も消え去り、太陽の匂いがすることで落ち着くことが出来ますね。冬場は布団乾燥機を寝る前にかけることも効果的でした。最近始めた方法に、ハーブを使った安眠法があります。我が家の狭いべランダで複数のハーブが育てられおり、季節ごとの花の成果としてドライフラワーとして枕元に置くだけで鎮静効果がありました。現在はラベンダーの紫の花が誇らしげに風に揺れていますが、まもなく私の部屋にも飾られることでしょう。実に爽やかな香りで、心地の良い眠りに導いてくれるのです。