メラトニンと睡眠の関係を知る

快眠のための医学的知識

私が良質な睡眠をとるために心がけている事は、とある医師の本によって記述された通り、とにかく寝る前に睡眠物質であるメラトニンを出すように生活習慣を心がけるという物です。


メラトニンを出すためには日中にセロトニンを活性化させると良いといわれています。


セロトニンを活性化させるには、朝起きたら太陽の光を浴びる、朝食はなるべくとるようにしてこの時の咀嚼を多めにして行う、ウォーキングやジョギングを行うと良いそうなので、朝にはこうしたことを心がけるようにしています。


更にメラトニンを出すためには部屋を真っ暗にして寝ると良いのだそうです。

これはメラトニンが光を嫌うからで、これにより目の網膜から光が入ることでメラトニンの分泌を抑制されてしまうのを避けるということから、個人的にもなるべく部屋は真っ暗にして寝るようしています。

また寝る前に関しても部屋を薄暗くしておくといったお膳立てをしておくことで、メラトニンも分泌されやすくなりスムーズに眠れるようです。

更にこの時薄暗くしていても、パソコンやスマートフォンなどといったものはあまり見ない方が良うにしています。理由としてはこれらを見ることによってメラトニンが抑制されるからだといわれています。

個人的に良質な睡眠をするために、このような事を心がけるようにしています。